MENU

多様な要求ニーズ

社内

業務効率の向上

日本では従来から事務所建物を自ら保有する法人が多かったのですが、最近は賃貸事務所の多様化によって賃貸で事務所を利用するケースが増加しています。自らが保有すると移転することに対する制約が大きくなるので、規模の拡大に対応するためには賃貸事務所は柔軟な対応が可能となします。東日本大震災以降、安全安心が重要な要素となっており、賃貸事務所にも自家発電装置や免振の機能が求められるようになっています。電力の引き込みについても二か所の変電所から引き込んで万一の時に備えるケースも増加しています。業務効率の向上の要請にこたえるため、ワンフロアーの面積が大きくなるケースも増加しています。IT化の進展によって離れた場所でも業務をすることは可能な時代となっておりますが、意思疎通やコミュニケーションを重視する法人ではフロアー面積の大きな賃貸事務所を求める傾向を示しています。賃貸事務所の賃貸料については最近の景気拡大による雇用情勢の改善を反映して、賃貸事務所が不足傾向を示しており、上昇しているのが現実です。2018年には賃貸事務所の大量供給が見込まれておりますが、立地の良い物件に対しては引き続き引き合いが継続することが想定されています。働き方改革がテーマになっており、子育て世代の支援が重要になっており、大型の賃貸事務所には保育施設を併設する物件も出件するようになりました。緊急時に共有スペースは解放されますし、備蓄機能の確保も一般的になってきています。

Copyright© 2018 レンタルオフィスで仕事がはかどる【簡単に契約できちゃう】 All Rights Reserved.